2013年03月17日

手に入れたいものを数え上げて

20130317b.jpg

■第18回西日本チャレンジサイクルロードレース大会

「西チャレですよ!西チャレ!」

春香さんが広島森林公園に降り立ちました。


 私にとっての今シーズン初戦、そしてVC Fukuoka名義での初戦でもある、実は結構重要なんじゃないかと思わせといて、わりとリラックスして臨んだ大会です。
 コースプロフィールはひたすら上りと下りしかない、1周12km強を3周回。コーナリングと位置取りと我慢を強いられる素敵なコースです。 試走の時点でなぜ私がこのレースにエントリーしたのか疑問に思わざるをえないプロフィールですが、6月の西日本クラシックのためです、致し方ありません。
 私がエントリーしたのはA-Mカテゴリ、VC FukuokaからはGTさん、IKさん、MCさんがともに出走します。皆、上れるメンバーなので集団前方は任せます。私はとにかく集団から切れないこと、登録カテゴリでのレーススピード、位置取り、そして森林公園のコースを知ることに重きを置き、メイン集団内でノートラブルで完走することを最大の目標とします。

 3分前にスタートするA-Uカテゴリを見送った後、我々のスタートです。60名強の出走者の中、前から4列目でスタート。すぐに左コーナーから始まる下りがあり、かつ一気に幅員が狭くなるためスタート早々激しい位置取りが始まります。無理をせず流れに身を任せてみると、集団中程からやや後ろくらいの位置に。あまり下がり過ぎるとろくでもないことになるので、上り返しを利用して少しずつ前に移動します。概ね20〜30番手となる集団中程より前辺りをひらひらすることに決め、こまめに声をかけて危ない走りをしそうな選手を避けつつ位置をキープします。
 1周回目は集団でのコーナリングと安全に走れそうな選手のチェックに終始していましたが、ペースはぼちぼち、上りで特に遅れるような感じもしませんでした。
 2周回目になると人数がやや減ってはいるものの、引続き強烈なペースアップはなし。散発的に飛び出す選手もいましたが、自然と飛び出たか、安全確保で前に出た、もしくはあまりリードが稼げず泳がされている等々、集団が強い印象です。IKさん、MCさんは積極的に前で展開し概ね一桁番手、GTさんと私は近い位置をキープです。せっかくなのでフェンスのトンネルで外側ががら空きだったこともあり、一気に集団前方にジャンプ、3段坂の1段目で先頭まで上がり他チームの選手とおしゃべりしてみたりします。そんなことをしていると「あ、3段目超きつい……」の自業自得状態となり、ゆるゆると集団中程まで落ちていきます。このばかちんが。
 3周回目になるとさすがに人数は半分程度になっていたでしょうか、だいぶ集団は小さくなっていましたが、1人逃げがかかるくらいで、めちゃくちゃなペースアップはなし。多少の上げ下げはありますが、切れずに付いていることはできます。コーナーも位置取りも無難に中程でこなし、3段坂も集団中程から後方まで落ちるくらいで踏ん張り、最後の上り返しに差し掛かります。残念なことにここでMCさんにトラブルが発生、前走者のダンシングにはすったようです。MCさんと周囲の数名が落車。私はその一団の少し後ろに位置していたので事なきを得ましたが、MCさんはテンポよく集団前方で展開していただけに心残りが。しかし、レースは続きます。気持ちを切り替え集団前方にくっつき直し、最後のS字ヘアピンを抜け集団スプリントです。1名の逃げは集団最前列から駆けた選手に捕らえられ2着に。そして私はIKさんを含む何名かをパスしつつ、3着となった選手を追いもがきますが、まくり切れず4着となりました。

20130317a.jpg

 入賞は果たしましたが、お立ち台とはいきませんでした。しかし、今回のテーマを考えると出来すぎの結果です。優勝を狙った結果の4着と、完走を狙った結果での4着では心理的な充足感が随分違うことを実感。前者であれば悔しくて夢に見そうですが。いずれにせよ、無事完走できて何よりでした。また、IKさんも9着で入賞、GTさんもほぼ同一集団で21位、MCさんも落車により少し遅れはしたものの完走。上りで速度が出ていなかったのが不幸中の幸いでした。
 今回の収穫はギア変速のコントロール(特にフロント)、ピークが来ていないなら来ていないなりのレース展開への順応、ゴール前で迷わずもがけたこと。課題は安全マージンを残しつつもう一歩踏み込んだ積極的なコーナリング、強気の位置取り、上りが多いレースでも前で展開できるだけの登坂力、た、たいじう……。
 いずれにせよ、実り多いシーズン初戦となりました。応援して頂いた皆さん、ご一緒した皆さん、お疲れ様でした!&ありがとうございました!

■Discography?

20130317c.jpg

 お天気に恵まれましたが、それゆえに朝の冷え込みは強烈でした。

20130317d.jpg20130317e.jpg

 VC Fukuoka Go!Go!

20130317f.jpg

 ※監督です

20130317g.jpg

 コナン。ゴール直前にして目の前で落車、惜しい結果となりました。

20130317h.jpg

 マトリクスが圧倒的な強さを見せたA-Eカテゴリ。悔しいけれど対処法は同じ高みまで上ること。

20130317i.jpg

 B-3、TY2さん。3段坂の一番苦しい所です。そんなところで写真を撮るのは悪魔の所業。

20130317j.jpg

 IKさん、運転ありがとうございました!MCさん、実業団レースで暴れましょう!春香さんかわいい!



■走行距離

 春香さん:50kmくらい
posted by わか at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
VCのウェアも似合いますね。西チャレ、出場迷いましたが、きらら浜と同じく中学生女子のカテゴリーないため、またもやロングライドでした。天草サイクルマラソン、大分8耐,琵琶湖一周ロングライドと三週連チャンでした。天草もビワイチライドも最年少女子で本当に女の子は少ない(いない!)と痛感しました。試合はもう少しスピードつけてから挑みます。コナン君は同級生ですが、高校どうするのかな?もういっそヨーロッパへ留学?かもね。ワカさんやはり速い!またよろしくお願いします。
Posted by siorinmama at 2013年03月21日 08:21
●siorimamaさん
普段から暖色を好むせいでしょうか、赤いジャージは違和感が
ないようです。でもやっぱり似合うと言われると嬉しいです!

ロングを続けていれば地脚もできるので、良い練習だと思います。
(私も今の時期は距離優先です)
アカデミーも女性陣が増えてきたので、一緒のカテゴリで出場
するメンバーがいる大会を狙ってみるのも良いかもしれませんね。

また、レッスンやイベントでお会いしましょう!
Posted by わか@管理人 at 2013年03月21日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/347524920
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。