2013年05月18日

この道を走り進み進み進み続けた

20130518b.jpg

■北野朝練

 通称北野サーキット、Tash FN、いどしん、ぐっさんにナビゲートしてもらいながら初参戦です。現地でEM、GT、つぼりんらのチームメイトと合流。メインとなるパラボラの皆さんも当然のことながらたくさん集まっており、すごい盛況ぶりでした。
 コースや走り方のレクチャーを受け、3班に分かれてスタート。この辺りもしっかり仕切りがあって勉強になります。
 1班は9名。VC Fukuokaからは男性陣4名が入ります。5周目くらいまでは淡々と、コースに馴染むようあまり上げ下げなく走ります。コーナーや風向き、他の人の走りを観察します。
 7周目辺りから時折ペースアップもありますが、対応できない範囲ではないので、私も先頭の際はじわっと脚を使うよう上げながら引きます。
 最終周回に入り、折り返した時点で先頭からFN→ぐっさん→わか、と素晴らしい番手。ぐっさんの引きが終わるかな、というタイミングでいどしんが早駆け気味に出ていきます。これが最高の発射台になり、綺麗に飛び出してまくり上げます。まんだむ。スピードマンとしては最高のお膳立てをしてもらった形になりました。

 早朝から有志でこれだけの人数が集まり、かつ統制が取れている練習はそうありません。コースも綺麗で安全にも気を配られている、さながら本番のクリテリウムのような環境で、気持ちも盛り上がる有意義な時間でした。パラボラの皆さん、快く参加を受け入れて下さりありがとうございました!

20130518c.jpg

■補習@山岳引き回し

 補習というには距離が長過ぎやしませんか。北野解散後補給をがっつりと取り、FNプロデュース、林道がくがくツアーに参加します。メンバーはFN、KG、YN、YT、いどしん、わか。

20130518e.jpg

 峠があるというのにそこに至る緩斜面でゴリ引きを始めるのはいどしんです。峠に入るとFNさんが飛び立ち、いどしんが駈け出し、KGさんが追い立てます。何この酷い有様。お腹と背中の脂がとっても余計です。画像は東峰村。

20130518f.jpg

 運動会の準備があるパパいどしんは小石原でお別れです。残ったメンバーは道の駅小石原で補給タイム。気温が上がり切る前の風が心地よい時間を演出します。根が生えそう。

20130518g.jpg

 小石原を出た後はFNフェイバリットルート、ひたすら林道アップダウンです。ここでもFN&KGコンビが強い強い。私は完全に脚が止まってしまいます。画像は福岡のへそ。命名:わたくし。諸々の市のド真ん中に存在する面白いポイントです。GPSって素晴らしい。

20130518h.jpg

 少々の上り返しをやっつけると後は楽しい楽しい下り&お昼ごはんタイム。『月の峠』でもっしゃもっしゃ食べます。春香さんもご満悦。

 その後はしばし追い風に背を押され小郡まで駆け抜けます。このままずっと追い風だったら良いのにね。ぐっすん。
 小郡で久留米組とお別れし、予定調和のような向かい風の中、FNさんと福岡を目指します。上りで良いとこなしだったので、せめて平坦はがんばりましょう。推定300W超でごりごり引いて、基山、筑紫野、大野城と踏み抜きます。追い風どこいった。

20130518i.jpg

 春日コジマでFNさんとお別れした後は、もう少し走るべく『大銀杏』で補給タイムです。が、ここで睡魔が……。こっくりこっくり。ベンチでうたた寝して、まあとりあえずどうにかなるかねと再出発(このタイミングで夕油に向かうYGさんと遭遇しました)。しかしどうにもなりませんでした。思ったより脚も動かず、睡魔も引かない。

20130518a.jpg

 おとなしく帰宅して、リカバリローラー30分で本日のライディングタイム終了でございます。画像はトリプル春香さん。

20130518d.jpg

 FNさん、企画&ナビゲートありがとうございました!皆さん、お疲れ様でした!



■走行距離

 春香さん:209.7km
posted by わか at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。