2013年07月28日

急がばまっすぐ進んじゃおう

20130728a.jpg

■KISサイクルアカデミー@糸島セット

 久しぶりの日曜アカデミー。雨の予報を覆し、8人+αで駆け抜けます。Tもば、つぼリエッタ、博多ライダー、はまやん、満月、ムームー、わか。
 上げるポイントは曲渕、糸島峠、宮浦の下り以降の指示。この時期は短時間集中が肝要です。しかし、本日は湿度は高めですが、曇天かつ風があるため比較的体感の気温は低めです。それでも発汗量は多いので、水分、塩分、糖分をしっかり補給していきましょう。

 指示通り、曲渕までをじわじわと上げながら駆け上がります。風は麓が強烈な吹き下ろし、中盤手前から追い風になります。今日の勝負どころは二軒目の豆腐屋手前。ムームーさんが長く引いた後、集団真ん中からいやらしく上げながら前に出ます。春香さんのいやらしい姿を想像すると少々苦しくてもがんばれます。中切れした後続も苦しそうだったので、じりじりと開いた数車身分を守り広げながら花乱橋まで一気に踏み抜きました。
 糸島峠は筋トレギアでチャレンジです。ががががが、フロントの変速が何だかおかしいです。がっちょんがっちょん言ってしっかり上がってくれません。結局インナーに落とし最後尾からえっちらおっちらマイペースに16km/hくらいで上ります。寂しい。
 気分転換に気持よく下ろう!うん、そんな時は車が入るんだよね。ゆるゆると前原側に下った後は再び二分割、さーっと流します。半島に入るとはまやんが元気になってきます。程良いペースは維持しつつ初へ。イオンの直前だけちょびっと上げて休憩です。

 後半戦、野北は経由せずショートカットで伊牟田に向かいます。伊牟田までは分割でゆるりと脚ほぐし。その後も宮浦までは上げません。前日はこの時点ではまやんとボートマン(47歳男性・佐賀県ブラジル町)が大暴れだったようですが、本日は皆紳士的です。
 宮浦の丘を上りきる直前、KISさんの交替指示でTもばさんが飛び出していきますが、そっとペースを維持、下りに入ったら淡々と踏み全体のペースを上げ吸収します。後は皆さんにお任せ、上げる方は上げ、維持する方は維持、そっと来るべき時を待ちます。
 逆風や横風などで少しずつ集団が縮小され『ざうお』を越した辺り、来ました燃料です。ウミハチマンとバードマン、そしてTDさんが待っています。今まで少し長めに回していたローテーションは一気に加速、短時間交替に切り替えます。巡航は終盤に差し掛かったこともあり5km/hくらい上がります。中切れ御免のヒリつくような交替、飛び交う汗と荒い呼吸音、テンションが跳ね上がります。
 色々な思惑が絡み合う大原を抜け、最後の信号からはウミハチマン→わか→バードマンと三両編成で綺麗にスプリント。皆で出し切る後半戦でした。

20130728e.jpg20130728c.jpg

 長垂公園でいつものミーティングの後はGTさんも加わりKIS補講 for VC Fukuokaです。狙ったわけではないのですが、気がつけば残っていたのがVCメンバーだけだったという。TT、奥が深いぜ。
 KISさん、本日もご指導ありがとうございました。皆さん、お疲れ様でした。

20130728b.jpg

■本日のおまけ

 過去これだけの人数で行われたことがあるだろうか。くふ。



■走行距離

 春香さん:64.9km
posted by わか at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370485774
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。